京都の銀行求人

銀行転職TOP >> 地域別の銀行求人 >> 京都

京都の銀行求人

京都の銀行といえば、「京都銀行」でしょう。京都市内に本店を構える地方銀行で、資産額は地方銀行第7位、地方銀行の中ではトップクラスの銀行です。京都で最も支店数が多く、その数は郵便局より多いといわれるほどです。「飾らない銀行」をキャッチフレーズに積極的に新規出店を続けています。京都銀行をメーンバンクとする企業数は9千社を超え、6年連続で府内トップに立ち続けており、経営面でも高い評価を受けています。京都銀行のホームページを見てみると、右上に採用情報というところがあります。

募集されている業務内容は銀行業務全般となっており、職種別採用はありません。キャリア採用も行われおり、応募資格は大卒以上の金融機関などにおける実務経験者、もしくは業界不問で営業経験を1年以上積んだ大卒者となっています。長期継続によるキャリア形成を図る観点から若年者も募集しており、応募資格は26歳以下の4年制大学卒業者、職業経験不問となっています。新卒採用者と同じ待遇が用意されています。福利厚生がしっかりしているとの評判で、育児休暇後に職場復帰する行員の方も多いようです。また研修制度も整っています。勤務地は京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、愛知、東京です。京都銀行ではパートタイマーの募集もあり、職種は事務、窓口での対応、ロビーでの案内誘導の3種類があります。勤務形態も、一日4時間の短時間勤務から月14日勤務で勤務日数を限定できるもの、毎日勤務まで多様な働き方が選べます。

面接では志望動機に加え、周りからどんな人と言われているか、自分を漢字1文字で表すとどうなるかといった人柄を問うような質問がされることもあります。地域の顧客のために働くという自覚、またそこに喜びとやりがいを感じられる人材を募集しており、コミュニケーション力や地元に貢献したいという意識の高さが求められています。筆記試験では、漢字の読み書きの基本、計算、単語を連想させて1つの話を作るといった企業オリジナルの試験問題も出題されるようです。京都銀行の平均年収は、新卒で300万円前後、20代後半の一般行員で480万円前後、その後の年収は10年単位で250万円〜300万円ほどという増え方となっています。地元で長年の営業を続けているため、財務基盤がしっかりしており、大きな経営不振に陥る心配もないでしょう。関西方面ではかなり有力な金融機関なので、転職に向けた対策は抜かりなく行いましょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.