新生銀行の採用情報

銀行転職TOP >> 人気の大手銀行の採用情報 >> 新生銀行 >> 新生銀行

新生銀行の採用情報

銀行への転職を希望する方は非常に多いそうですが、安定した職場で働きたいと考える方もいれば、もっと色々な事にチャレンジしたいという方など動機も人それぞれでまったく異なります。その為転職先の銀行選びは自分が満足して働けるかどうかを決める非常に重要なポイントといえるので、これから銀行へ転職したいとお考えの方はなるべく色々な銀行の情報を集めて、自分が働きたいと思えるような銀行を探すようにしましょう。

新生銀行は投資銀行としての事業を主軸に運営されていますが、それ以外にもインターネットバンキングの各種サービスにも力を入れたり、カードローンのレイクはTVCMを積極的に流すなど様々な形で事業を拡大させており、その為多くのスキルを備えた人材を強く求めています。その為他業種からの転職の受け入れに対しても比較的寛容なところがあり、他の銀行では出来なかった仕事にチャレンジできる可能性も高いので、スキルアップは間違いなく出来るでしょう。

採用情報を見てみるといくつかの部門の中から自分に合った部門を選択することが出来るようになっているらしく、個人部門、法人・金融市場部門、金融インフラ部門、リスク管理部門から選択できるようです。更にそこから細かく職種が振り分けられ、実際に勤務する部署が決定するようですが、キャリア採用なので希望する部門に募集が掛かっているかどうかは分かりません。なので自分が持つスキルを転職先で活かしたい場合はこまめに求人情報をチェックするようにしましょう。

社風に関してはインターネットバンキングを通して金融インフラの拡充に臨むなど様々な朝鮮を続けてきた銀行ということもあって、保守的な考えを持つ他の銀行と比べると新しい事にどんどんチャレンジすることが出来る銀行であるという評価が目立ちます。その分若者が多く実力至上主義的なところもあるので、やはり保守的な方よりも行動的な方のほうが新生銀行では活躍することが出来ると思われるので、もし自分がそういう働き方をしたいのであれば積極的に挑戦してみましょう。

新生銀行に限った話ではありませんが、銀行への転職は希望先が自分に合っているかどうかが非常に重要です。同じ銀行でもその業務内容や雰囲気、求められるスキルはまったく異なるので、ちゃんと自分に適性が無いと思うような活躍は出来ないでしょう。特に転職の際はどれだけのキャリアがあるかどうかも重要になってくるので、少しでも理想に近い転職をするためにもなるべく時間を掛けて転職活動を進めていきましょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.