銀行転職の適性(向き・不向き)

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 銀行転職の適性(向き・不向き)

銀行転職の適性(向き・不向き)

銀行は皆さんもご存知のように、お金を取り扱っています。ですから数字は仕事をするにあたって切っても切り離せないものとなります。銀行の中でも預金や貸付、為替といった感じでいろいろな部門がありますが、数字の関わることには違いはないです。金額を書類や文書に記入する場合、数字を正確に書き入れないといけません。1円違っていても銀行では大問題になります。ということは、几帳面な性格の人の方が銀行の仕事は向いているといえます。

銀行の大きな柱になる業務の中に、貸付業務があります。企業・個人に対して預金者から預かったお金を融資する仕事なのですが、明日お金が返ってこなければ、銀行にとっては損失になります。そこで融資先の審査をして、貸したお金を返済できるだけの経済力を持っているかどうかをチェックします。もし企業担当になれば、その会社を訪問して業務内容や経営者の話、さらには決算書などを見て融資をしても問題ないかどうかを判断します。さらにはその会社の手掛けている事業に将来性があるのか、業界・日本全体の景気動向まで見て融資の判断をしなければなりません。ですから、会社の経営や日本並びに世界の経済などに興味を持っている人の方がその能力を発揮しやすい職場といえます。

銀行は人々の大事な資産を預かって、その運用を行う業務になります。ですから人々の信頼を受けられるようなまじめで、正義感の強い人がならなければならない仕事といえます。たまにニュースなどで銀行員が銀行のお金を着服したとか、横領したといった話も耳にします。もしそのようなことが起きれば、その人は銀行にいられないのはもちろんのこと、銀行全体のイメージ低下にも拍車がかかります。「あそこは横領する銀行員がいるから」といった感じで全スタッフがそのようにみられ、風評被害を受ける可能性もあります。ダーティなことは一切やらない、そのようなモラルのしっかりしている人でないと銀行の仕事は務まらないと思った方が良いでしょう。

また銀行員は、個人や企業のお金に関する情報を一手に握ることになります。先ほど紹介した貸付業務の場合、それぞれの企業の経営状況の中核にあたる情報を知りうる立場になります。また個人・企業の情報もいろいろと握ることができます。このような情報管理のきちんとしている人でないと、銀行員としては失格でしょう。万が一その情報をどこかに流しているとなると、銀行全体の信用問題にかかわってくるからです。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.