銀行転職とブランク

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 銀行転職とブランク

銀行転職とブランク

銀行員は安定している仕事であり、待遇もいいので人気の職種の一つです。以前は銀行で働いていたけれど、出産・育児、家庭の事情や異業種へ転職した人が再度銀行への就職を希望するパターンもあることでしょう。ただ、昔銀行員だからと言って空白期間がある場合、転職にも支障が出るといわれています。しかし、ブランクがあるからと言って、再度銀行に転職できないわけではありません。ブランクOKとしている求人もあります。また正社員にこだわらないのであれば契約社員としての雇用も増えています。また窓口業務であればパートタイムとしての雇用も増えているようです。

現役銀行員が別の銀行に転職するのはさほど難しいことではありません。銀行業界は一般企業と違い特殊な部分が多くあるため、すでに銀行員としての経験を積んでいる人が優遇されるところがあります。銀行員としての経験が豊富で、実績を上げている行員であれば、銀行に偽名でヘッドハンティングの電話がかかってくることもあるといわれているほどです。しかし、いったん現役銀行員をやめてしまった人が時間を空けて銀行員としての再就職を希望した場合、採用過程の段階で、「この人は過去に金融事故を起こしてはいないか」と勘繰られてしまい、再就職が難しくなるケースもあるようです。元銀行員としての実績よりも、銀行を辞めてしまった理由を疑われてしまうため、大手銀行などへの再就職はハードルが高くなってしまいます。しかし、それでも可能性は全くゼロということはなく、ブランクがある場合でもOKとあらかじめ求人に掲載している銀行もあります。求人を探す際には「ブランク」というワードを追加して検索してみましょう。

女性の場合は、出産や育児、ご家族の介護などを理由に銀行を辞めてしまった人もいることでしょう。窓口業務や窓口後方業務であれば一度離職していた人でも採用のハードルはそこまで高くないようです。ただ、銀行によって採用基準には違いがありますし、正社員としての再雇用をしない銀行もありますが、以前勤めていた銀行での実績や経験が十分な人は再就職にもそこまで困らないかもしれません。最近では窓口業務や後方業務は派遣での雇用も増えてきています。以前勤めていた時より給与が減ったり、待遇が悪くなってしまったりということは考えられますが、もう一度銀行で働くためにはいくつかの雇用形態がありますから、雇用形態にこだわらず求人を探してみるといいでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.