銀行転職の面接

銀行転職TOP >> 銀行転職の面接 >> 銀行転職の志望理由

銀行転職の面接

面接は就職や転職で一番重要ですよね。銀行転職の面接で注意すべき点をまとめてみました。

まず、大切なことの一つはビジネスマナーです。銀行は特に人と接することの多い仕事。時にはかなり大口の顧客に接することもあるでしょう。会社側としても信頼のおける人物と仕事をしたいものです。まず、前の会社や元上司の愚痴などを言うのは絶対にNGです。それよりも、いかに前向きで新しい仕事に取り組みたいかという事を伝える必要があります。また、いかに自分が魅力的な人材であるかを会社に伝えることはとても大切なことですが、あまり自分の自慢話を言いすぎるのも禁物です。自分がどれくらいできるかを伝える場合でも、他の人の事を蔑むような態度を取ることはやめましょう。真摯な態度で挑みたいものです。面接ではもちろん言葉づかいも重要です。会話が弾み、リラックスをしたような時でも言葉づかいには気を付ける必要があります。

面接の中で話が弾み、リラックスしてきた時は要注意です。この時ほど自分の素が出やすいものだからです。このタイミングは本当の自分をアピールできるときでもありますが、気が抜けやすい時でもあります。どんな時でもビジネスマナーをしっかり守り、ビジネスパーソンとして恥ずかしくないよう挑むようにしましょう。

面接は十分に準備をしてから挑むようにしましょう。面接の際は絶対に志望理由を聞かれますが、それに対してどういった質問をされるかを予想して応えられるように練習をしておきます。当たり前のことですが、会社の情報は企業のホームページなどで充分に調べておく必要があります。最後に、質問は必ず用意しておく必要がありますが、調べればすぐにわかるような質問をすると逆に研究不足だと思われてしまいます。また、面接の際に漠然とした内容を応えるよりも自分の経験談に触れるようにしておくと、より具体的で面接官に良い印象を与えます。

面接の際に条件面の話ばかりするのも良くありません。給与があがるからとか、昇進をしたいなどといったことが主な理由というのではなく、なぜそれが自分にふさわしいかを説明する必要があります。

面接の際はどれだけ自分がこの会社に入りたいかという熱意を伝える場でもあります。終始抑揚のない冷めた面接では、本当にこの会社に興味があるのかな?と面接官に思われても仕方ありません。面接官に熱意を伝えるためには内容を丸暗記ではなく、キャッチボールを心がけ、相手の心に訴えることが必要です。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.