地方銀行への転職

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 地方銀行への転職

地方銀行への転職

地方銀行とは本店を各都道府県に置き、地方を中心に展開している比較的規模の小さい銀行の事を呼びます。取引対象は地元の中小企業や個人で、地域に根付いた銀行ということになるでしょう。地方銀行は地域密着型としてその地方ではトップシェアを誇っており、また古くから経営困難になると国の支援なども多く受けてきた歴史があるため、かなり安定しているといえます。そのため、地方銀行への転職希望者もかなり多いようです。中小企業への転職は銀行の数も都銀に比べ多いため、競争が激化する都市銀行に比べ比較的求人が多いようです。地方銀行への転職は他の地方銀行からの転職や信託銀行からの転職などが多いようで、都市銀行から地方銀行への転職はかなり少ないようです。

一言で地方銀行といっても、その収益性や規模がここによって大きく異なります。もともとの資本金の額や収益などそれぞれ異なってくるからです。そのため収益が低くても健全性の高い銀行や、規模が大きくても健全性に疑問が残る銀行などまちまちですが、その良さについてはわかりにくいのが事実です。いわゆる地方銀行と呼ばれるものは全国に64行ありますが、その規模は小さいものからかなり大きいものまでバラバラです。大手というものに安全性を求めるのであれば、預金額が大きい銀行というものは比較的安定しているということになります。地方銀行の預金額ランキングで規模を見てみると、1位は横浜銀行、2位千葉銀行、3位福岡銀行、4位静岡銀行、5位常陽銀行と首都圏近郊や大都市の銀行が占めています。預金額は総資産額と関連しているので、銀行の規模を見るのに参考になるはずです。

規模が大きいからといって安定しているとは限らず、安全性、健全性を見る上では自己資本基準を確認することも大切です。1位は長野県の八十二銀行、2位は静岡県の静岡銀行、3位は島根県の山陰合同銀行、4位は山梨県の山梨中央銀行、5位は岡山県の中国銀行になります。転職する際にはそういった多くの条件を調べて参考にしておくと良いでしょう。

地方銀行への転職にはやはり転職エージェントを利用するのが一番です。転職エージェントでは専門のコンサルタントのアドバイスを受けることが出来るほか、非公開企業を多く抱えていて自分に合った銀行や会社を紹介してくれます。エージェントにいくつか登録しておけば、それぞれ違うところを紹介してくれることも多いので、転職できる機会も増えます。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.