他業界からの銀行転職

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 他業界からの銀行転職

他業界からの銀行転職

他業種から銀行への転職は難しいものと考えられがちですが、メガバンクや都市銀行では金融業界だけに関わらず様々な業界からの転職を受け入れています。だからと言って、メガバンクや都市銀行への転職が簡単にできるというわけではありませんが、現在働いている会社や前職で実績を残している場合、人事の目に留まる可能性は高くなります。

一般企業で働いていた人が、自身のキャリアアップのため、メガバンクや都市銀行への転職を目指すケースは少なくありません。銀行は生え抜きの銀行員が多いイメージかもしれませんが、異業種から転職を果たしている人は多くいるのです。例えば大手メーカーで営業として働いていた人が、都市銀行の法人営業として採用されたケースもあります。銀行と言えばお金を扱う場所というイメージが強いですが、融資を申し込んでもらうためには営業力が必要となります。

大手メーカーで営業として実績を積んできたような人は銀行が求めている人材にマッチする場合があるのです。またコンサルタントとして働いてきた人が、都市銀行の法人営業として採用されたケースもあります。コンサルタントと銀行というとかけ離れた仕事のように感じますが、法人営業としてお客様となる法人の担当者とうまくコミュニケーションをとっていくことはかなり大切です。その他にも一般企業でシステムエンジニアとして働いていた人が銀行のシステム専門職に採用されたケースもあります。前職で得た経験やスキルを銀行でどのように活かせるかを明確にし、採用担当者に伝えることができれば採用の可能性は上がります。総合職は難易度が高いですが、前職での実績やスキルが認められれば不可能ではありません。

ただ、銀行側も常に求人を出しているわけではありません。求人は随時行っている銀行でも問い合わせてみるとそうではなかったということもあります。銀行の求人に応募できるかどうかというのはタイミングも大きく左右されます。その銀行でその年に離職者が多ければ人員を確保したいと考えますし、退職者が多い年も人員確保に余念がないでしょう。こればかりは運もありますが、銀行への転職を考えている場合、タイミングが来た時にその波に乗れるよう普段から準備をしておくことも大切かもしれません。銀行の中途採用は銀行のホームページに掲載されることが多いですから、こまめにチェックしつつ、経理などの知識を身に着けておくこともいいでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.