同業界からの銀行転職

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 同業界からの銀行転職

同業界からの銀行転職

現在も銀行で働いている人が他の銀行に転職したいと考えるケースもあります。現在働いている銀行で働くことに疑問を感じてしまう場合もあるでしょうし、家庭の事情で引っ越しをし、その地域には現在働いている銀行がないという場合もあるでしょう。今すでに銀行で働いているのであれば、同じ職種での転職を目指すのがベストです。銀行には大きく分けて窓口、営業、企画、融資・審査があり、一口に「銀行で働いている」と言っても、職種によって大きく業務が異なります。

現在も銀行で働いているのであれば、転職を目指す際には今までのキャリアを生かして同じ職種を目指すといいでしょう。銀行で働いている人の転職は、実績や実力さえ認められてしまえば、意外とスムーズにいくことが多いです。ただ、他の銀行で今まで働いていた部門でないところを希望するのなら、不可能ではありませんが、なかなか難しいかもしれません。銀行で働いていた人が別の銀行への転職を目指す際、仕事をつづけながら転職活動をするようにしましょう。一度やめてしまってからの転職活動は、転職先に「この人は前の職場で何らかの問題を起こしたのかもしれない」というイメージを持たれがちです。

銀行と同じ業界のくくりにされる職場と言えば、証券会社や生命保険会社、損害保険会社、ノンバンクなどが当てはまります。この場合、銀行とまったく同じ仕事をしていたというわけではなくても、同じ金融業界だからこその共通点が必ずあります。他の金融業界から銀行への転職を考える際も、今まで自分がその職場で培ってきた能力やスキルを最大限に発揮できる転職先を選びましょう。あなたが今まで経験してきたことや実績は、転職の際に必ずあなたの武器になります。

ただ、同じ金融機関から銀行への転職を目指す人の中にも違う職種に挑戦してみたいと考える人もいることでしょう。実際に今までしてきた仕事とは全く違う職種を目指し、銀行に採用された人もいます。このようなケースでは、自分が今まで培った実力や経験をアピールしながら、新しく希望する職種でどのようなキャリア展望を描いているのか、また今まで学んできたことをその新しく希望する職種の中で何らかの形で生かせるポイントはないかを考え、アピールしましょう。同じ金融業界であっても職種が違えばその分転職の難易度が上がります。まずは今働いている会社で職種変更を行い、そこで経験を積んでから銀行に転職するのも一つの方法です。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.