銀行転職の自己PR

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 銀行転職の自己PR

銀行転職の自己PR

面接や履歴書では自分のどんなところに優れているか、長所をできるだけわかりやすく説明することが大切です。銀行への転職を希望の際はある程度の即戦力を求められる場合が多いです。自分が前の職業でどのような職務に関わってきたかを出来るだけ具体的に説明することが大切です。自分の前職での仕事がどれだけ転職先で役に立つかというアピールはとても大切です。職務経歴書の自己PR欄はとても大切な箇所です。自分を売り込む最大の場所ですから丁寧に、そして読む人にインパクトを与えられるよう書く必要があります。

まず職務経験を書く場合ですが、古い順に書くのではなく、逆年代に書くようにしましょう。そうすると、直近はどのうような仕事に従事していたのかがすぐ伝わる上、相手にもわかりやすく、インパクトを与えやすいです。転職の場合はある程度即戦力を求めている場合が多いので、ただだらだらと経歴を書くよりも、志望の職種と関連性のある職種について関わってきた経緯をなるべく詳しく書くほうが相手に良い印象を与えます。たとえ短期間であっても関連した業務についていた場合は強みになりますので、詳細に記載しましょう。

希望の職種が未経験の分野であった場合も、即戦力にすぐになれることを、過去の経歴からわかりやすく説明します。また、かかわってきた業務を箇条書きのように並べるのではなく、その業務での達成度や成績、自分がどのようにかかわってきたかを表現することが大切です。箇条書きだと仕事に対する熱意や取り組みが伝わりにくいので、できるだけ自分の努力や熱意をアピールするようにしましょう。

前職で身に着けたスキルはなるべくすべて記載するようにします。資格はもちろんのこと、その資格をどのように役立ててきたかなども記載しておきましょう。銀行への転職の場合、どのような資格を持っているかは非常に重要なウェイトを占めています。担当者の中にはまずはそこに目を通す人もいるようですので、漏れがないようにしっかり記載しましょう。また、正式な資格でなくてもスキルとして身に着けたことも記載しておきます。

具体例として、まだ資格は取っていないもののその資格を取るために今勉強をしている、といったことや「お客様を喜ばす技術が身に着いた」などという内容です。資格を勉強中ということで真摯に勉強をしている姿勢が感じ取れますし、「お客様を喜ばす技術が身に着いた」というところでは接客技術に長けている様子がうかがえます。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.