銀行転職の採用基準

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 銀行転職の採用基準

銀行転職の採用基準

銀行転職するにあたって、採用基準がどのような感じなのか気になる人もいるでしょう。しかし銀行のホームページを見ても、採用基準について明確な条件を設定している所は少ないです。ですが銀行のホームページを見てみると、「こんな人材を求めています」といった情報が採用情報のところで記載されていることもあります。もし応募しようと思った銀行で求める人材像が記載されているのであれば、その情報はしっかり確認しておきましょう。そして面接の時などで、自分がいかに銀行の求める人物像にマッチしているか、できれば具体的なエピソードを交えてアピールしてみましょう。

このような求める人材ですが、具体的な条件は記載されていないことが多いです。「チャレンジ精神が旺盛な人」とか「何度でもあきらめずに物事を進めていく人」といったような抽象的な条件で記載されている傾向が見られます。ですから求める人材でアピールするのは難しいかもしれませんが、自分の今までのキャリアの中で結び付けられるようなものがないか探してみることです。このような事前の準備をしっかりやっていると、「どうしてもこの銀行で仕事がしたい!」という熱意を伝えることができます。銀行は人気の職場なので、応募者の殺到する傾向が見られます。このため、書類選考があって適性検査、面接試験も何段階に分けて行われることが多いです。付け焼刃的なアピールであれば、相手も採用のプロなので簡単に見抜かれてしまいます。ですから入念に事前準備をして、採用試験に臨みましょう。

銀行の募集の中には、募集職種の実務経験を持っている人を対象にした案件も見られます。営業などは経験がものを言う世界なので、経験者採用の案件が多いです。この場合、自分の今までのキャリアをいかにしっかりアピールできるかがポイントになります。経験者を対象にした募集の場合、即戦力になるだけの経験を持っているかどうかが採用基準の中でも重要なポイントになります。自分のキャリアの中でもハイライトになる部分はどこかを探して、その部分にウエイトを絞ったアピールをすると採用の可能性も高まります。

銀行の採用試験と言われると、他の業界と比較してハードルがかなり高いのではないか、このような懸念を抱く人もいるでしょう。しかし銀行だからと言って、そこまで厳しい採用基準を設けているわけではないです。ただし先に紹介したように、入念に準備をして採用試験を受けるにあたっての戦略を築くことは大変重要です。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.