銀行転職のタイミング

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 銀行転職のタイミング

銀行転職のタイミング

転職活動を行うなら絶好のタイミングで運も味方につけたいところです。転職のタイミングは自分では左右できない転職の際の外的要因になります。必ずそのタイミングであれば成功するというわけではありませんが、銀行員への転職を目指すのにいいタイミングはいつごろなのでしょうか。

一般企業では夏と冬のボーナス後に欠員が出やすいため、その時期を狙うといい求人が出たり、採用の可能性が高くなるといわれていますが、銀行も例外ではありません。やはり銀行員でもボーナスをもらってから転職したいと考えている人が多いため、ボーナスをもらった後に退職する人は一定数います。そのほかの時期でも欠員が出れば人材を確保しようと求人を出すことがありますが、これらの求人が出やすい時期というのはいい求人に巡り合える可能性も高くなりますし、選択肢も広がりますから、転職を考えるにはいいタイミングと言えるでしょう。ただ、転職サイトや転職エージェントを通して求人を出すことが多い一般企業に比べて、銀行はほとんどの求人を自行のホームページに掲載することがほとんどです。転職を考え始めたら、希望する銀行のホームページのリクルートページは頻繁にチェックしておくことが大切です。

また銀行の繁忙期は決算後と言われています。年度決算、半期決算が一番忙しい時期です。この繁忙期に新しく人材を確保しようと考える銀行は少ないですし、現在銀行で働いていて転職を考えている人も、「繁忙期を乗り切ったら転職しよう」と考えることが多いです。もちろん四半期決算時も忙しいのですが、年度決算、半期決算に比べると比較的穏やかでしょう。ただ、銀行員というのは職種によっては常に忙しく、繁忙期以外の時期も仕事に追われている人は多くいます。

それから、転職がうまくいくかどうかというのは社会情勢や経済状況といったものも大切な外的要因になります。例えば、平成20年にリーマンショックが起きてから数年は大幅に転職する人が増えた時期でした。景気をチェックしておいて転職者が多い傾向にある時期なのか、そうでないのかの流れを見極める必要もあります。ただ、これらの転職にいいとされるタイミングは確かに転職情報も増え、いい求人に恵まれやすいのですが、そのタイミングを狙っている人が多くいることも忘れないでください。競争率は必然的に高くなってしまいますから、その中で勝ち抜けるだけの準備と実績作りが転職の大きなポイントです。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.