銀行転職と研修

銀行転職TOP >> 銀行転職の基礎知識 >> 銀行転職と研修

銀行転職と研修

通常は銀行に入社すると、新人のための研修が実施されます。研修を通して銀行員として働くための心構え、知識、スキルを身につけることができます。また既に実務経験を持っている人を対象とする研修もあります。例として、別の銀行からの転職や役職がつくなどの場合、研修が実施されるのです。今までの仕事と違う点をあらかじめレクチャーする目的で行われます。

中にはラダー方式という研修プログラムを実施する銀行もあります。これはさまざまなスキルに対応したカリキュラムが幾通りか用意されているものです。人によってキャリアが違いますので、個々の人の習熟度に沿って、徐々に高いレベルのスキルをマスターしていきます。ビジネス文書の作成方法から始まり、指導者向けOJT研修など幅広くプログラムを準備している銀行もあります。さらに銀行員の仕事には、接客対応の質の高さが求められます。窓口業務はもちろん、営業もクライアントあっての仕事ですから、対面時や電話での対応時のマナーなど、顧客へのマナー研修を取り入れている銀行は非常に多くあります。顧客の満足度をいかに充実させられるかが、銀行全体の業績アップにつながるのです。

当然ですが、銀行は何よりお金を扱う機関なので財務についての専門知識が必要ですから、各種書類の読み方、分析の仕方の研修もあります。例えば確定申告書の読み方と分析方法です。会社の経営状態が分かっていないなら、融資をすべきか正確に判断することができません。加えて、銀行においてはオンラインシステムが導入されています。顧客情報などオリジナルでシステム開発している大規模銀行も多数ありますから、そのようなシステムを十分に把握し、利用する方法も研修で学びます。

また銀行員の研修は非常にハードスケジュールだといわれていますが、これはメンタル面での訓練を意識している側面があるといえます。何しろ銀行では、書類上でわずかなお金の誤差が出るだけでも大問題となります。もし問題が起きたなら、全データを見返し、間違いがどこにあるのか突き止めなければなりません。仕事が終わったらすべてが自由になるわけでもなく、常に勉強が必要です。周りは銀行員を金融に関してスペシャリストとみますから、金融商品を中心に幅広い知識を備えて、お客様からの問い合わせに的確に答えられるよう準備しなければならないのです。このように銀行員の研修には様々な項目に関係したものがあります。決して易しいものではありませんが、これからの仕事においての貴重な学習の場となることでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.