1年目の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 1年目の銀行転職

1年目の銀行転職

銀行は転職して働いている人も結構多い業界ではあります。しかし銀行の一般的な傾向として、新卒者のように中途採用した人材に対して教育しながら育成しようという姿勢はあまり見られないところがあります。このため、中途採用の募集は銀行でもしばしば見られますが、経験者優遇の採用基準であることが多いです。ただし日本国内の銀行であれば、銀行に入社して1年目で辞めてしまった人でも第二新卒という扱いで採用することはあるにはあります。しかし新卒と比較しても、さらに厳しい競争を勝ち抜いていく必要があるでしょう。最近では外資系の銀行も続々と日本に進出しています。外資系の傾向を見てみると、経験や実績を重視するので1年目のようなキャリアもほとんどない人材が採用されることはまれと言って良いでしょう。

もし1年目で転職を検討しているのであれば、経験では太刀打ちできません。しかし金融に関する専門的な知識を持っていることのアピールは十分できます。具体的には金融に関連した資格を取得することです。たとえばファイナンシャルプランナーの資格は、金融業界で仕事をするにあたって有効と言われています。特にファイナンシャルプランナーの中でも上級の資格を持っていれば、十分キャリアがなくてもリテール関係でいきなり勤務できるケースもあります。

1年目で転職する場合、新卒と採用条件はあまり変わらないと思った方が良いかもしれません。すなわち学歴がものを言うと思っておきましょう。国立や有名私立であれば、まだまだチャンスはあります。しかしもしそのような高学歴でなければ、他の部分で補っていく必要があります。たとえば銀行もグローバルに事業展開しているところも増えています。そこでTOEICのスコアを獲得しておくと良いでしょう。たとえばTOEICで800点前後のスコアを獲得しておけば、語学力に長けた人材として評価もプラスになるかもしれません。

早めに銀行転職する場合、未経験者でも可としている案件も少ないですがあることはあります。しかしこの場合、年齢制限が設定されますので早めに動くことがおすすめです。求人情報を見てみると、未経験者かの案件の中で27歳くらいを年齢の上限としている案件が多いです。たとえば大学院を卒業してから入社したのであれば、1年目で転職する場合この年齢制限ギリギリになってしまう人も少なくないはずです。せっかく入社した会社を1年で辞めてしまうのは安直に判断を下すべきではありませんが、もしどうしてもやめたいというのであれば、早めに転職活動を進めていった方が良いでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.