30代の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 30代の銀行転職

30代の銀行転職

銀行への転職は何歳くらいが有利なのでしょうか。まず第2新卒という採用枠があり、また若手という採用枠もよく耳にします。銀行への転職では入社から3年目以内の第2新卒であれば、未経験でも転職することも可能です。未経験者の採用であれば大体27歳くらいまでがボーダーラインということになります。若手という採用枠は27〜8歳くらいまでの場合と、30代前半までの場合に分かれています。20代と30代では求められる人材も異なり、20代を採用したい場合は同じ職種の経験はなくとも似たような部署に所属した経歴があったり、未経験でもポテンシャルの高さを求めていることがしばしばですが、30代前半の若手の場合は経験を重視し、即戦力となる人材を求めていることがほとんどです。

20代であれば、熱意が感じ取れれば多少の金融のたしなみさえあれば採用される可能性がありますが、30代では即戦力となる人材が求められ、業務経験がない人は採用されないことがほとんどだと言えます。あるアンケートでは、実際に30代前半で転職した人に30代での転職が有利だと思うか不利だと思うかという質問をしたところ、多くの人が30代での転職は有利だと回答しています。30代で銀行転職した人は給与も殆どの人がアップしています。

転職が常識の外資系企業では30代前半〜後半での転職は当たり前だし、ヘッドハンティングをされることもしばしば。日本の企業でも不景気の影響から一時期新卒の社員の採用を抑え気味にしていたため、30代くらいの人材が不足していることもあり、採用に積極的に乗り出しています。日本の企業といえばかつては終身雇用でしたが、その体系も崩れつつあり、積極的にキャリア採用を行うことで、他行での経験やノウハウを生かした人材が集まるようになってきています。

30代での転職は今までどれくらいの業績をあげたか、どれくらいの経験を積んだかという経験値が非常に重要になってきます。長い間銀行勤めだった人はその間に取得した資格や実績を職務経歴書にしっかりと記載をし、どれくらい自分に能力があるかをアピールする必要があるでしょう。

入社後に年齢のことが気になるかという質問に対しても、30代で転職した人の75%以上の人が年齢のハンデを感じたことがないという回答をしています。ただ、中には自分の殻をなかなか破ることができず、わからないことがあっても質問をするのが恥ずかしく苦労したという人もみられます。新しい会社に入ったらわからないことが多いのは当たり前です。そんなときでも堂々としていられる図太い神経というのも転職には必要なのかもしれません。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.