既卒可の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 既卒可の銀行転職

既卒可の銀行転職

既卒の方でどうしても銀行に就職したいと思っている人もいるでしょう。その場合まず頭に入れておかないといけないこととして、新卒と比較すると既卒はどうしても採用で不利に働くことがあります。ただししっかりと押さえるべきポイントを押さえて転職活動をすれば、既卒でも銀行に採用される可能性はゼロではありません。ではどのようなポイントがあるでしょうか?

まずは実績のアピールを心がけることです。キャリアがあるわけではない既卒が何の実績をアピールすればいいのか、と思う人もいるでしょう。例えば金融業界をかねてより希望していたのであれば、業界に入るためにいろいろと努力をしてきたはずです。その実績をアピールすることで熱意をPRしましょう。できれば会計などの金融に関係する資格を取得しておくと、専門的な知識のあることの有力なアピール材料になりえます。

また自分で就職対策を講じるといっても限界があります。インターネットを中心として、既卒の就職活動を行っている人のコミュニティがいくつか出来ています。そこで同じく金融業界を目指している就活生を見つけましょう。そして情報交換をするのです。金融業界の傾向をどう理解しているのか、就職活動をするにあたって、どのような対策を練っているのか意見交換する場として活用するわけです。もしかすると自分が全く気付かないポイントを指摘してくれるかもしれません。またほかの就活生の行動パターンを見て、自分が今度の活動戦略をどう練るべきか、そのような判断材料としても活用できます。

面接で最終的には採用かどうかが決められるのですが、この面接はいわば自分という商品を売り込むためのプレゼンの場であると思いましょう。商品を売り込むときにいかにも魅力的な商品であるように見せる必要があるのと一緒で、ある程度自分を演出する作業も求められます。相手は「この人を採って一緒に仕事をしたい」と思えるような演出を検討してみましょう。たとえば「なぜ既卒で就職活動しているのですか?」という質問は既卒には絶対に聞かれるはずです。その場合「就職先が見つからなかった」では、どうしてもマイナスの印象を与えてしまいます。たとえ就職先が見つからなくても、何かポジティブに感じられるような答えを準備しておきましょう。「金融機関にどうしても入りたかったのでそのための勉強をしていました」などは、面接官の心証もアップするでしょう。雇ってみたいと相手に思わせるには、どう自分を見せればいいのか、新卒以上の既卒の人は考える必要があります。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.