外資系の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 外資系の銀行転職

外資系の銀行転職

外資系の銀行への転職を希望する場合、外資系は即戦力を求める傾向が強いため、銀行での実務経験者であるという要件は必須でしょう。多くの場合、日系の銀行にしばらく勤めた後、外資系企業へ転職するケースが目立ちます。外資系の銀行というと投資銀行などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。投資銀行は給与も非常に高くなっていますが、労働条件が非常に過酷なのが特徴で、多くの人が3年以内に辞めてしまいます。外資系の銀行といっても、投資銀行でなければそこまできつい労働条件のところは殆どなく、定年まで働けるような会社も多くあります。ただし、外資系の銀行では日本の銀行に比べ転職に関してはおおらかで、転職しやすいシステムになっています。

外資系銀行への転職にはいったい何が必要なのでしょうか。まずは前述したように、銀行勤務の経験者であること。そして多くの資格を持っているほうが優遇されます。簿記1級、語学、CPA、税理士、会計士などの資格を持っている人はポジションさえ空けば比較的簡単に就職できます。

外資系企業と聞いて多くの人が心配するのは語学力が十分かということと、急な解雇など離職率が高いことでしょう。語学力については会社によりけりで、できたほうが良いもののある程度できればよいとするところも多くなっています。上司が外国人ではないところも多いですし、メールのやりとりや簡単な文書の作成が出来れば大体は問題なく務めることが出来ます。就職してから語学を学んでも遅くはありません。離職率の多さが気になる人も多いようですが、実際は急な解雇などしない会社がほとんどです。転職をキャリアアップの一つと考えている人材も多いため、それなりの離職率はありますが心配するほどではありません。

ただ外資系の場合、もう一つ心配なことは撤退をする可能性があるという事です。会社自体が撤退をして無くなってしまうこともしばしばあり、その場合転職を余儀なくされます。若い人材であれば他社への転職も可能ですが、50代くらいの社員となるとなかなか転職が厳しいのが現状です。やはり外資系の企業は日本の企業と比べると、リスクが少し高いと考えたほうがよさそうです。

外資系銀行への転職には外資系に強いエージェントを利用するのが一番です。特に外資系企業への転職が初めてという人には英文レジメの書き方やチェック、面接の仕方などのアドバイスをしてくれるので心強いでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.