高卒可の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 高卒可の銀行転職

高卒可の銀行転職

銀行員になるにあたって、例えば特別な資格を取得しておかないといけないといった条件はありません。原則学歴で選別ということもしていないでしょう。ただし現状に関しては、高卒で銀行に就職することは難しいです。特にメガバンクと言われる規模の大きな都市銀行の場合、高卒で銀行マンとして活躍している事例は、少し前までであればない話ではなかったですが、今はとんと少なくなっています。ただし第二地銀とか信金、信組くらいのところであれば、高卒でも採用してくれることもあります。特に商業高校などに進学すると、「指定校求人」というものがあり、銀行がその募集を出していることも時たまあります。商業高校の中には、数名毎年銀行に就職している実績を持っているところも見られます。

高卒と言われると、何か学力がなくても銀行に入れると思ってしまいがちです。しかし高卒で銀行に入る人は、学力もかなり優秀です。大学で言えば、いわゆる日東駒専レベルの大学には十分合格できるだけの学力を持っていないと、採用は難しいでしょう。高卒と言っても、かなり成績優秀でないと就職は厳しいと思ってください。

銀行の採用試験を見ていると、大きく総合職と一般職に分けて実施している所がほとんどです。総合職とは、銀行に関する業務を一定の期間でローテーションで担当して、銀行業務のすべてに精通する人のことです。頑張って実績を積み重ねることで、最終的には管理職などの重要なポジションへステップアップできる可能性もあります。一方一般職ですが、こちらは銀行内部の事務系の仕事を担当する人たちになります。総合職の後方サポートの役割を担う人たちです。一般職の場合、総合職のようなキャリアアップの可能性はまずないです。しかし総合職になると銀行の場合、数年に1度くらいのペースで転勤を明示されることが多いです。一般職の場合は原則転勤はありません。もしあったとしても、今住んでいるところから通える範囲のところで異動を命じられるはずです。

都市銀行や大手の地銀の場合、総合職は大学を卒業していないと採用試験を受けることすらできないでしょう。そして一般職でも短大以上の学歴がないと、なかなか採用されません。地銀や信金、信組、政府系の銀行の場合も総合職については同様で、大学卒業以上の学歴は欲しいところです。ただし一般職で勤務するのであれば、高卒でも応募できる案件もしばしば出ています。高卒で銀行勤務するのであれば、一般職の募集にターゲットを絞って情報収集しましょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.