地方勤務の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 地方勤務の銀行転職

地方勤務の銀行転職

地方で銀行転職をしようと思っているのであれば、都市銀行の支店の採用情報はあまり活発には出ていません。そこでその地域の地方銀行の中途採用情報をベースに応募先を選ぶというスタイルが一般的になります。地方銀行ですが、地域密着型として地域の企業のお得意先になりますし、国のバックアップなども受けやすい立場にあるため、いったん就職すれば割合安定して長期的に仕事ができます。都市銀行と比較すると地方銀行の求人の方が数的には多いでしょう。しかし安定性に魅力を感じて、多くの応募の殺到する傾向もありますので決して楽に転職はできないと思っておきましょう。

地方銀行と一言でくくってしまうことも多いのですが、実際のところ規模や収益性はピンキリなところがあります。しかも収益がどの程度か資本金の額はどのくらいかといった情報は、あまり公になることは少ないです。このため、地方で銀行転職を希望する人もこの辺の情報はきちんと理解せずに応募しているケースも少なくないです。もし転職先で長く安定して仕事をしていきたいと思っているのであれば、安全性や健全性をベースにしてどこの案件に応募すべきかを見ていきましょう。

安全性や健全性を比較する場合、いくつか比較するポイントはあります。たとえば、預金額がどの程度あるのかは一つポイントになってくるでしょう。預金額が多いということは、それだけその銀行の総資産額も多いということになって、規模が大きいことになります。その他には自己資本率をチェックするのも良いでしょう。自己資本率が高ければ高いほど、経営基盤がしっかりしていることになって、長期的に仕事を続けられる公算が高いということになります。

特定の地方在住で、その地域で勤務先を探したいと思っているのであれば、その地方で最大の金融機関の採用情報をチェックしてみると良いでしょう。しかしもし地域に関してあまりこだわりがなければ、大都市圏にある地方銀行にターゲットを絞って転職活動をしてみると良いでしょう。首都圏をはじめとして、大都市圏内にある金融機関は地方銀行の中でも規模の大きなところが多いからです。中には海外に支店や営業所を展開しているようなグローバルな銀行もあります。このような銀行に転職できれば、実績を積み重ねることでいずれは海外で勤務できる可能性もあり、将来の展望も開けてくるでしょう。地方の場合選択肢も多くなりますので、自分が将来どのように仕事をしたいのかをベースに応募先を検討することです。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.