正社員の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 正社員の銀行転職

正社員の銀行転職

銀行への転職を考えている場合、正社員として転職するか、それとも派遣や契約社員として転職するかなどの選択肢があります。正社員として転職を希望する場合、正社員の中でも事務職と総合職、そして専門職など採用がわかれています。事務職というのは総合職のお手伝いをしたり、銀行の窓口業務を行う人で女性が多いです。総合職というのは営業は管理部門などゼネラリストとして銀行の第一線で活躍する人たちのことです。そして専門職というのは銀行SEなど特殊な技術をもっているなど、ある分野において高い専門性を持っている人となります。

事務職の正社員として銀行に転職するのは、年齢を重ねていくとどんどん難しくなっていきます。近年、銀行の窓口業務は、過去に銀行勤務経験がある派遣社員や契約社員が多く働いているためです。もし事務職として転職を希望するのであれば、第2新卒やそれと同等の早い段階での転職が必要となるでしょう。また、過去の経験値も大切です。役に立つ資格をたくさん持っておくこともおすすめです。

総合職の銀行への転職は30代でも苦労しなかったという意見も多いようです。銀行側も他金融機関での経験を生かしてくれる人材を求めているためでしょう。業種が少し違っていても知識があれば転職はしやすいです。銀行への転職の場合、面接の際は過去の実績の他に資格なども確認してきますので、持っている資格はできるだけ丁寧に記載するようにしましょう。30代の場合は専門知識だけでなく管理能力も問われます。

銀行では社内SEなど専門的な知識を持った専門職の転職もたびたびあります。専門職の場合、プロジェクトごとの採用となることも多く、高い専門知識や資格などの有無が問われます。プロジェクト採用となると転勤などの必要がありません。30代になると専門的技術以外にも管理能力などが問われることになります。また外資系企業では英語のスキルは必須ですが、国内の銀行でも重要視しているところもあります。一石二鳥で出来るスキルではないので、少しずつ勉強をしておいたほうがよいでしょう。

40代を過ぎると正社員での転職が徐々に厳しくなってきます。40代になると契約社員として、もしくは派遣社員として採用されるということもよくあるようです。転職エージェントに登録をしておけば希望に合った求人をさがしてくれますし相談にのってくれます。またサイトでは見ることのできない非公開求人も多数登録がありますので、まずは登録し、コンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.