福利厚生充実の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 福利厚生充実の銀行転職

福利厚生充実の銀行転職

銀行員というと昔から安定職・高給取りといったイメージが強いでしょう。実際に銀行は一般企業に比べて経営が安定していて、不況といわれる昨今でも、銀行員は安定した給与と福利厚生の下で働くことができます。では具体的にどのような福利厚生があるでしょうか。

銀行員には転勤がつきものです。何年かに一度のペースで転勤するのはある意味宿命のようなものですから、各地に専用の社宅が用意されています。独身寮や社宅の家賃はとても安く設定されているので、そこに住めば大きなメリットがあります。また、銀行員は金融商品や社会経済に関する幅広い知識が必要とされるので、各種資格・検定を受ける機会も多いでしょう。例えば、「日商簿記2級」「ファイナンシャルプランナー」「宅地建物取引主任者」「銀行業務検定試験」などがあります。こうした資格を取得すれば、いつもの給料にプラスして資格手当がもらえることもあります。有給休暇、特別休暇などの休暇制度も整っているところが多く、定期健康診断を年に一度受けることもできます。

社会保険、労働保険も加入することができますし、車両保険などの団体保険に加入することで割引が適用されることもあります。退職金制度も勤続年数、平均給与などにより個人差はありますが、充実しています。中には勤続30年以上になると通常の退職金に加え、別建ての退職金が加算されるという恵まれた制度もあるようです。さらにスポーツ施設や保養所など多彩な施設を完備しているところも多く、行員だけでなく家族も利用することできます。

少子化が叫ばれる中、子育て支援制度を充実させている銀行も多くあります。例えば、女性の就業継続やキャリア形成をサポートするために、保育所を併設しているところがあります。子供を安心して預けられる施設が職場の近くにあるということは、働きながら子育てに奮闘している女性たちにとって心強い味方となることでしょう。また、産前産後の出産休暇はもちろん、育児休暇制度や、復職後に利用できる子供の看護休暇、時間外勤務の制限などといった制度を活用可能です。また産休や育休の間も、仕事に関する必要な情報を自宅閲覧できるシステムが整備されていたり、職場復帰支援セミナーを開催したりするなど、安心して職場復帰できるようサポートしてくれる会社もあります。セミナーを通して同じような境遇の行員と知り合い、子育ての相談をしたりして悩みを分かち合うこともできます。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.