女性歓迎の銀行転職

銀行転職TOP >> 条件別の銀行転職 >> 女性歓迎の銀行転職

女性歓迎の銀行転職

女性が歓迎される銀行の転職とはどういうものでしょうか。まず一般職での女性の転職ですが、最近の大手銀行では女性に対しても男性と同様に、格差のない採用をする努力をしているところもあります。大手都銀では一般職であれば女性も男性と同様に仕事をこなすことが出来るとみなされ、同じ扱いをうけているところも多いです。ただし、転職となるとなかなか男性のようにいかないのが現実です。女性の一般職の銀行転職は男性に比べて難しいと考えてよいでしょう。もし一般職として他の銀行へ転職をしたい場合、女性の場合、30代になるとかなり厳しくなります。銀行業務経験者でも27歳くらいまでに転職をするのがオススメです。女性はどうしても出産・育児という期間が出てくること、その後退職したりパートに転身したりすることも多いため、転職者を雇うのに積極的ではないのです。

女性の転職の場合は特に資格を持っていると有利に運びます。簿記1級、語学、CPA、税理士、会計士、CPFなど優れた資格を持っていれば転職も非常に有利に運ぶと言えるでしょう。日本の企業は女性の転職採用にやや消極的ですが、外資系はこの限りではありません。外資系銀行は成果主義ですので、男女という枠にとらわれず採用し、仕事も積極的にこなすことが出来ます。外資系銀行にとって転職というのはごく当たり前のことのため、女性が短期間で退社をするということにも日本企業に比べ抵抗が少ないのです。実力主義のため、力があり、バリバリ働きたい女性は外資系のほうが向いていると言えるでしょう。

銀行でもリテール業務のほうが女性が働きやすい職場かつ転職もしやすいでしょう。特に窓口業務は女性に特化している銀行も多く、転職しやすいと言えます。ただし、この窓口業務の転職は、正社員としてはなかなか難しいのが現実です。最近ではほとんどの窓口業務は派遣社員だったりパートの場合が多いようで、正社員の数は圧倒的に少なくなっています。正社員として転職するためにはリテールでの業務経験がながくCFPなどの資格を持っている必要があるでしょう。

窓口業務経験者であれば結婚、出産などを経て、パートや派遣などとして窓口業務に復帰するのはかなり簡単だといえます。最近では日本の企業も一般職の女性には男性と差異がないように扱っているところも多く、同等に出世の機会が設けられている銀行も少なくありません。後は本人がどう働きたいかにかかっていると言えます。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.