銀行の法人営業職の転職

銀行転職TOP >> 職種別の銀行転職 >> 銀行の法人営業職の転職

銀行の法人営業職の転職

お金を預金者から収集し、そのお金を必要としている企業に出資するのが銀行の主な業務だと言えます。要は銀行は、経済の血液であり中心であるといえ、銀行失くしては経済は成り立たたないと言えます。こういったことから非常に大きなやりがいを求めて転職を希望する人が多いのが銀行です。銀行への転職希望者では、グローバルな目線で仕事をしたいとか、大口の顧客との取引でやりがいを感じたいなどの理由をあげる人が多くいます。そのため、営業職の中でも銀行の法人営業職はとても魅力的な仕事で、銀行の法人営業職への転職を希望する人も多くいます。

法人営業職は、個人営業と同様に銀行の要となる大切な職種です。業務内容は業界ごとに細かく分かれています。たとえば、銀行、保険、証券、ノンバンクなどです。法人営業の主な仕事は、法人に対しての融資を行うこととその提案、そして、法人が持つ余剰資金の運用などに対する提案などです。法人営業の求人ですが、リーマンショック以降は激減していましたが、だんだんと回復傾向にあり多数の求人が出てきていますので、今がチャンスかもしれません。

銀行の法人営業職は多くのスキルを求められます。まずはその人となり、いわゆる人間力がとても重要です。知識豊富であると同時に、その知識をいかに顧客に伝えることが出来るか、いかに魅力的に話すことが出来るかということも必要とされています。様々な企業に接する機会の多い法人営業職では、多くの知識が必要とされます。経済の動向は当然のこと、あらゆる情報にたいして敏感になっておく必要があります。特定の分野に特化されず、複数の分野において知識や技術が要求されるゼネラリストである必要があります。そのためには日々自分を磨いておく必要があると言えるでしょう。

法人営業職への転職を考える場合、前職で法人営業をしていたか、それとも個人営業などを担当していたかによっても異なります。同じ職種からの転職であれば30代を超えての転職も可能ですが、違う職種からの転向の場合、20代のうちに転職をするのがオススメです。個人営業に比べ法人営業職ではさらなる組織に対しての理解力やプレゼン力が備わっている必要があります。銀行以外の異なった業種からでも法人営業の経験があれば、ある程共通する部分も多いので、20代であれば転職できる可能性が高いです。入社から3年までの第2新卒であれば未経験でも入社のチャンスはあります。勝負は20代だと考えるのが適当ですね。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.