銀行の経済調査部門の転職

銀行転職TOP >> 職種別の銀行転職 >> 銀行の経済調査部門の転職

銀行の経済調査部門の転職

経済調査部門も銀行志望者の関心を集めている部門の1つです。この部門において調査する対象は多岐にわたります。例えば実態経済の予測や金融動向、また金利予測に円相場の予測、加えて国際情勢の分析と予測、税制改革、そして金融業界の実態把握と影響力分析、さらに法律改正の予測と調査などです。またそのようにして得られた分析内容を外部に発信する業務も行っています。経済分析レポートの掲載、関連書籍の執筆、また各種講演会への講師派遣、ニュース番組へのコメンテーターとしての出演、経済誌への寄稿などの活動を行っているところもあります。

例えば、公表された調査結果レポートがマスコミに取り上げられれば、世間の反響を驚くほど呼ぶこともあるといわれています。調査する者にとっては、給与の額が勲章ではありません。自分の調査・研究が、世間への的確な情報提供になったか否かが問われています。収入よりはるかに評判が重要で、それは銀行への信頼そのものになるからです。

調査部門の業務に求められるスキルとして、財務分析能力に加え、高い数学的能力、分析能力が必要とされ、非常に専門性が高い職種です。アナリストの経験がある方はその高い専門性から転職成功率が高いといえるでしょう。多くの場合、経験者のみの採用となっています。関係者との柔軟なコミュニケーションがとれること、そしてシニアになると外へ積極的に出て個人として勝負することも大切になってきます。そのためオフィスに閉じこもって資料を調査するだけでなく、フットワークの軽さも必要となってくるでしょう。24時間365日、常に世界中の最新動向を追いかけ、最先端の情報に通じていることが求められます。

最近では金融機能について深く研究したいと思い、経済調査部門を志望する女性も増えているようです。近年の傾向として、特に大手銀行では男女格差のない採用が見受けられます。ただし転職に関して言えば、男性のようにいかないのが現実といえますから、可能であれば、たとえ銀行業務経験者であっても30代になる前に転職に踏み切るのが得策です。なぜなら30代の女性は多くの場合結婚、出産、育児という時期と重なり、退職やパートへの転身を考えることも多いため、採用者サイドも転職者を雇うことに積極的ではありません。このように日本企業は女性の転職採用に消極的な面もありますが、外資系銀行では転職はごく当たり前のことです。バリバリ働きたいと考えている女性の方は、外資系のほうが向いているかもしれません。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.