銀行の一般職の転職

銀行転職TOP >> 職種別の銀行転職 >> 銀行の一般職の転職

銀行の一般職の転職

銀行での勤務は一般職と総合職に大きく大別されています。一般職というのは女性が多く、銀行ではたいてい制服を着ています。それに対し総合職は男性が多く、幹部候補として様々な仕事をこなすことになります。総合職になれば転勤もありますし、広い視野をもってゼネラリストとして育成されていきます。一般職はルーチンワークをし、男性のアシスタント的な仕事が多い、いわゆる事務職となります。銀行の窓口などで各種手続きを担当しているのは一般職がほとんどです。このような銀行での一般職の転職はどのようになっているのでしょうか。

まず、かつてなら銀行の一般職は結婚するまで、結婚したら寿退社をする人がほとんどでした。今は時代もかわり、結婚後も会社とどまる人も多くいます。銀行の一般職が一度退職して他社に転職する場合、あまり年齢を重ねていると正社員としての転職が難しくなります。一般職の女性が正社員として転職しやすいのは20代だと言えるでしょう。銀行の多くは窓口業務に正社員ではない人を採用しています。たとえば派遣社員だったり、パートだったりといった具合です。銀行窓口業務の派遣やパートは多くの場合、銀行経験者が採用されています。

窓口業務の求人はパートや派遣であれば非常に沢山あります。パートや派遣であれば時間も自分の都合で働くことが出来ますが、どちらも時間給制となって安定した職業ではなくなってしまいます。銀行の一般職に正社員として転職する場合、ある程度スキルや資格が必要だと言えるでしょう。たとえば窓口業務であれば、ファイナンシャルアドバイザーの上級資格を持っているとか、勧誘などができる生命保険募集人資格の資格などをもっていれば、他の人よりも技術があるということで、採用される可能性も広がります。

一般職でキャリアアップを目指しての転職となるとさらに厳しくなりますが、この場合も有利な資格を有していることが大切です。例えば中小企業診断士、簿記1級、税理士、計理士などです。ただし、それを持っているからといって必ず採用されるわけではありません。

一般職への転職はエージェントに登録するのがおすすめです。エージェントのコンサルタントであれば、多くの相談に乗ってくれますし、希望の職種を探すお手伝いもしてくれます。また、職務経歴書や履歴書の書き方のアドバイスもしてくれるのでとても心強いはずです。非公開の求人も多く抱えているところが多いのも魅力です。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.