銀行の投資銀行部門の転職

銀行転職TOP >> 職種別の銀行転職 >> 銀行の投資銀行部門の転職

銀行の投資銀行部門の転職

投資銀行の業務は高度な専門性を必要とします。そのため少数精鋭となることが多い部門です。銀行員のエリートともいえるこの仕事に、憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。この部門の中核業務は、法人顧客に対して事業戦略のアドバイスを行うものです。アドバイスの内容は例えば、M&Aや業務提携、LBO、買収防衛、事業再編に関するものなど多岐にわたります。そのためマーケットについての情報に通じていることや、高度なノウハウ、広範なネットワークが必要とされています。

投資銀行の求人はリーマンショック以降激減しましたが、徐々に採用が増加しています。特に外資系投資銀行では若手の方の求人依頼が増えている傾向にあります。しかし投資銀行部門への転職は狭き門ですから、その選考基準がかなり厳しいことに変わりはありません。年齢や学歴、職歴、語学力に関する転職のポイントにはどんなものがあるのでしょうか。

採用対象となる年齢は、同業他社の投資銀行部門の方を除き、25歳〜30代前半までとなっています。また学歴に関しては、国内外問わずトップレベルの大学を卒業していることが、書類通過の上で必須条件です。また英語力も外資系、日系を問わず、高いスキルが求められます。学歴が高く、職歴がフィットしても英語が苦手であれば、投資銀行部門への転職は難しくなるでしょう。日系ではあまり英語力を求められないイメージがあるかもしれませんが、中途で転職される方には英語力を求めてくるようです。英語力は入社後も重視されるので、投資銀行部門への転職を考えている方は、日頃から英語力を磨いておくことが必要になるでしょう。

投資銀行に転職される際に有利と見なされる職歴としては大きく2つあります。1つはドキュメント作成能力、もう1つはファイナンススキルです。この2つの経験を兼ね備えた方は高く評価されるでしょう。例えば、戦略コンサルティングファームやM&A アドバイザリーファームでM&A関連の案件の経験がある方、監査法人でM&A関連の経験をお持ちの公認会計士の方、総合商社や大手メーカーなどで事業投資や財務経験をお持ちの方などは、転職成功の可能性が高いと考えられます。

新しいビジネスを展開するうえで欠かせないノウハウと経験を持っており、それを活かして未知のことに挑むチャレンジ精神を持っている方であれば、投資銀行部門はとてもエキサイティングなフィールドとなるでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.