銀行のリテール職の転職

銀行転職TOP >> 職種別の銀行転職 >> 銀行のリテール職の転職

銀行のリテール職の転職

銀行への転職はいつの時代も人気です。たとえば不景気になっても安定した企業が多いというのは今も昔も変わりません。特に都銀と呼ばれる大手の銀行や、地方に根付く地方銀行などはかなり安定しているといっていいでしょう。また、個人や企業が預金したお金を他企業に融資するという経済の要、いわゆる心臓に当たる部分の役割を担っていますので、自分が社会へ貢献しているという感が強く、その高いやりがいも人気の一因だと言えます。

銀行へ転職する際にはその道のスペシャリストが求められる場合が多いですが、営業職などではもう少し門戸が開かれています。銀行の営業職は法人と個人(リテール)に大きく分かれています。銀行の法人営業は法人への融資の提案をしたり、法人が持つ余剰資金を効率よく利用する提案などをすることになります。その一方、リテールは個人の預金などを管理し、運用するお手伝いをしたりします。多くの銀行でリテール職は資金運用の実務を行うのみならず、個人の顧客に正しい知識や、知らなかった情報などを提供し、よりよい資金運用や住宅ローンを提案していきます。若い世代には住宅ローンや給与の運用の方法の提供、シニア世代には不動産、退職金の運用、財産相続などの提案をするなど、人生のステージにあった提案をする必要があります。そのため、リテールに特化した提案が出来るような豊富な知識を持っている必要があると言えるでしょう。

リテール部門への転職は、豊富な知識のみならず、顧客に対して丁寧に指導することができる能力を持った人材が求められます。個人の顧客を獲得するためには高い人間性や知識といった個人の総合力が求められるのです。同じ顧客と10年、20年の長い付き合いになる場合もあります。きちんとしたリレーションシップを築き、次につなげられる人材が求められているのです。リテール職の魅力は自身の人間性を勝負出来るのみならず、銀行は金銭を取り扱うものですが、金銭以外の不動産や有価証券なども扱うことが出来る点でしょう。不動産取引、法務、株などの知識を身に着け、ファイナンシャルプランナーとしてのキャリアを磨くことが出来ます。

一時期は不景気のため銀行リテールへの転職があまりなかった状況でした。しかし銀行独自の仕組み預金などの銀行独自の商品の需要が高まってきて、活性化の兆しがあるために求人も戻ってきています。リテール職を担当していた人ならば、保険など銀行以外だったとしても銀行のリテール職への転職が可能な場合が多いです。また、未経験者でも転職できる可能性があるのも大変魅力的です。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2017 銀行転職ランキング All Rights Reserved.