銀行のリスク管理部門の転職

銀行転職TOP >> 職種別の銀行転職 >> 銀行のリスク管理部門の転職

銀行のリスク管理部門の転職

金融ビジネスを営む上では、いろいろなリスクが生じます。例えば、信用リスク、市場リスク、オペレーショナルリスクなどのリスクがあります。それを評価・計量化して管理ルールを定めたり、リスクの上限管理を行ったりして、リスクを受け入れられる程度にコントロールするのがこのリスク管理部門の仕事となります。国内外での法規制が厳しくなっていることに伴い、金融機関におけるリスク管理部門の需要はとても高まっているのです。それと共に銀行業界における転職市場においても、リスク管理業務はニーズの高まっているマーケットとなっています。そのため経験者でなくても、知識の分野によっては可能性が大きく開かれているといえるでしょう。

非常に専門性の高い分野なので、基本的には経験者が求められていますが、理系のバックグラウンドをお持ちの方の採用が増加しています。リスク管理業務の一部には膨大なデータの分析や検証も含まれていて、リスクの計量化を行うための専門的数理スキルを持った人材は必須です。そのため経験はなくても、プログラミング言語、金融工学、統計学などに関する知識のある方であれば、採用される可能性も十分にあります。

信用リスク、市場リスクの場合、証券会社におけるプロダクトコントロール業務や保険・運用会社におけるアセットアロケーション業務の経験者の方で、リスク管理部門への転職を成功された方もおられます。金融工学、マクロの作成経験を持っておられる方もポテンシャルが高いと言えるでしょう。信用格付けモデルといった信用リスク評価手法も大切な業務の一つなので、キャリア入行者を積極的に受け入れている銀行もあります。金融業界以外でも、システムベンダーやメーカーから転職されたエンジニアの方が活躍されているようです。オペレーショナルリスクについては、通常の業務オペレーションにかかわるリスクを第三者の視点で見るため、管理するオペレーションの経験が必要となってきます。そのため、リスク管理の経験はなくても、業務プロセスについての経験や知識のある方であれば十分採用の可能性があります。

リスクが多様化する中、リスク管理部門では多様な専門人材が求められています。グローバル化や金融規制の強化に対応していくために、数理に加えて法律や外国語のスキルを持っている方も歓迎されているのです。企業によってリスク管理に関する取り組み方に多少差はあるものの、リスクマネージメントは今後も一層浸透・定着していくことは間違いありません。今のうちにこの業務に就くことによって、今後スペシャリストになれる可能性が高まるでしょう。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.