銀行のSEの転職

銀行転職TOP >> 職種別の銀行転職 >> 銀行のSEの転職

銀行のSEの転職

ITは企業の仕事を円滑に行うため、現在ではなくてはならないものであり非常に重要です。社内独自のシステムを開発する社内SEはどの会社においてもなくてはならない職業です。以前は外注をしていたSEについても、最近はほとんどの銀行で外注にたよらず社内SEを置き、独自のシステムの開発に努めています。他業種に比べても社内SEの存在は銀行では非常に重要なポジションです。というのも、ITは他業種ではあくまでも業務を円滑に進めるためのサポート的な役割であるのに対し、銀行で扱うシステムはすべて銀行の商品である金銭に直結したシステムのため、メインとして扱われます。

そのため銀行SEは非常に注目される存在なのです。銀行SEという職業は銀行の金融機関の経営の一部に直接かかわれる職業であり、金融機関の経営の中枢ということは社会に与える影響力も非常に高いということになります。銀行への転職者の多くが社会的に影響力が高い銀行で、やりがいのある仕事をしたいという理由で転職を希望していますが、銀行SEもそんな社会への影響力の高いポジションだと言えます。

この金融SEのポジションですが、社内でも限られたポジションの為、採用されるのはごく限られた人ということになります。銀行SEへの転職は決して易しくありません。他業種でSEをしていたというだけでは銀行SEへの転職はかなり難しいと思われます。同業種の中でも高い技術が求められるため、そう簡単に転職できないのが現実です。銀行SEに求められるのは、ITスキルはもちろんのことですが、それ以外にも金融に関する高い知識や経験が問われます。

ITの能力に関しては面接の際には具体的に細かく聞かれる可能性が高いので、自分の持っているスキルを明確にし、きちんと説明できるようにしておく必要があります。また銀行SEは、ITの能力のみならず銀行に関する高い知識も必要です。自分の得意分野が何で、銀行・投資・証券・投資・保険の具体的に何に今までかかわってきたという事も大切になります。また多くの銀行は外資系をはじめ、グローバルな視点で業務を行っています。そのため、SEといっても英語のスキルは非常に重要だといえます。グローバルなシステムの構築などに関わることもありますし、海外勤務という可能性もあります。社内SEは一般のITエンジニアに比べ社内のシステムについて広い知識を要求されます。。システムの構築、企画、運用、管理など多くの事に精通している必要があります。

銀行転職ならどのサイト使うの!?この大手3サイトです!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア オススメ度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細

TOP

銀行転職の基礎知識

職種別の銀行転職

条件別の銀行転職

人気の大手銀行の採用情報

地域別の銀行求人


Copyright (C) 2013-2018 銀行転職ランキング All Rights Reserved.